専門学校 横浜ミュージックスクール

お問い合わせ 地図・アクセス
検索
menu

デビュー・就職

学生の現場研修レポート

第33回:神奈川県出身 Kさん
音楽アーティスト学科


Buono!YMSマスターコースのKさんが、ハロプロ3人組ユニット『Buono!』のライブにギタリストとして参加しました!!
リハーサルやライブの様子などを語ってくれます。

『Buono!結成1周年記念 FCスペシャルライブ~Rock'n Buono!~』に、ギタリストとして参加しました。

今回初めてプロの仕事というのを経験しました。
実際このお話が来たこと自体、奇跡というか運が良かったというか(笑)。

でも、やはり現実は厳しかったです…。
なんと最初に渡されたのは、音源のみ。一気に不安になりました。
上にも書いてある通り、仕事自体初めてで、わからないことばかり。
そんな自分のために、同じYMSに通っているWくんが、いろいろ手伝ってくれました。
今思えば、渡辺くんがいなかったら、この仕事を乗り越えることはできなかったと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ライヴ当日まで2週間を切った頃、初バンドリハーサル。
バンドメンバーやスタッフさんとの初対面で、緊張しまくりでした。
何と、リハーサルは当日までに3日間のみ!!それまでに完璧に弾けるようにならなくてはと、必死に練習しました。

ところが、ここで大変な事態が…。それは腱鞘炎です。
一生懸命やりすぎて、無駄な力が入っていたみたいです。
リハーサル中に、何度も左手が痛くなりました。
前日の通しリハが終わってから、当日のリハまでギターには触りませんでした。

そして、とうとう本番当日。
ずっと憧れていた横浜BLITZでのライヴ。夢のようです。

15時半頃、昼公演の始まりです。
VTRを流し終え、スクリーンが上がった瞬間、曲は始まった!!
ファンの盛り上がりが凄すぎて、緊張なんて吹っ飛びました(笑)。
楽しくて、嬉しくて、一瞬自分の未来に触れた気がしました。

夜公演も無事終わり、メンバーやスタッフの方々にご挨拶。
「お疲れさまでした」
その一言で、練習の日々のことを思い出しました。
不安で辛くて泣いたこと、メンバーの人たちが優しくしてくれて嬉しかったこと、一生懸命練習して頑張ったこと、そのせいで腱鞘炎になったこと、そして痛みと緊張がなくなる程ライヴが最高に楽しかったこと。

ライヴに関わっていた方々、本当にありがとうございました!!
これからもバンド活動とともに、このような仕事をやっていきたいと思います。


<<一覧に戻る

  • YMSを詳しく知るための資料をお送りします。いますぐ資料請求
  • YMSを実際に体験しよう!「体験入学」受付中!
close