専門学校 横浜ミュージックスクール

お問い合わせ 地図・アクセス
検索
menu

デビュー・就職

学生の現場研修レポート

第43回:神奈川県出身 Aさん
音楽アーティスト学科


YMS在校生のAさんが、ドラマー宮田繁男さん(KinKiKids10周年コンサート)のリハーサル研修に行って来ました。
当日の様子などを語ってくれます!!

午前11時45分、麻布十番駅に到着しましたが、出口が多くて何処から出ればいいか分からず、
予定よりも遅れてしまいました…。本当に申し訳ありません。
しかしそんな自分にも宮田さんは咎めず、優しく接して下さいました。とても嬉しかったです。

その後、機材をスタジオまで運び、ドラムのセッティングに入りました。
常に自分に最適なセッティングにするため、組み合わせ・高さが細かくスタンドに記されていていました。
こういった工夫をするだけで、組み立てがとてもスムーズになる。
少し考えれば思い付きそうな事なのに、意外と気付かないものなんですね(笑)。

セッティングも終わり、スタジオ内は次第に緊張感が高まってきました。
自分は宮田さんの真後ろでドラムセットの特徴やテクニックを盗もうと、ボールペン片手に頑張って書いてました(笑)。
宮田さんのドラムセットは、バスドラとタムが接続式ではなく、別々になっているものでした。
シンバルスタンドの高さは、ライドがクラッシュより少し低めの位置、チャイナと同じ高さにありました。
スプラッシュはタムの間に接続が出来ない為、左のクラッシュのスタンドに接続するという工夫がされていました。
まだまだ他にも色んな工夫がされていたのですが、自分の音を出す為には、
色々考えなければいけないという事を思い知らされました…。
こういったプロのセッティングの工夫を、今後自分のドラムセット組み立ての参考にしていきたいですね。
そして肝心のドラムプレイですが、本当に凄かったです!!「音の表情を出す」というのはこういう事なんだなって実感しました!!
他のプレイヤー達とシンクロした気持ちの良いリズム、スカーンッ!!とキレの良いスネア、
そして周りに響く抜けの良いバスドラ!!どれを取っても最高でした!!

午後7時、リハーサル終了。
この後、違うスタジオでレコーディングの予定だったのですが、変更でその日は中止になりました。
明日もリハーサルはここで行うので、楽器はそのままで良いという事でした。
お世話になった皆さんに挨拶をしてスタジオを後にしました。

今回のリハーサル研修はとても良い経験になりました。
機会があれば、また違う研修にも行ってみたいですね。プロの現場を直接見て、触れて、己を磨いていこうと思います。



<<一覧に戻る

  • YMSを詳しく知るための資料をお送りします。いますぐ資料請求
  • YMSを実際に体験しよう!「体験入学」受付中!
close