専門学校 横浜ミュージックスクール

お問い合わせ 地図・アクセス
検索
menu

デビュー・就職

学生の現場研修レポート

第55回:神奈川県出身 Kさん
音楽アーティスト学科


YMS在校生のKさんが、ハワイアンシンガー・IZUMIさんの1stアルバム『Voice of Sweet Little Angel』のレコーディングに参加しました。
当日の様子等を語ってくれます!!

ハワイアンシンガーIZUMIさんのコーラスの仕事をいただき、ウォーターカラーというスタジオで初めてレコーディングを体験しました。
スタジオは広く、1人で歌うには落ち着かないぐらいスペースが余っていました。

参加させていただいた曲は2曲。
ハワイ語で歌わなきゃいけなかったらどうしようかと思ったのですが、歌詞はありませんでした(笑)。

まず録ったのが『カワロク』という曲。この曲は間奏部分だけの参加です。
スタジオからはエンジニアさんが見えず、ヘッドフォンから声が聞こえるだけ。慣れるまではかなり心細かったです。
2・3度録って、違うパートも録って、さらにダブリを録って、この曲は40分ぐらいで終わりました。

次は『アレコキ』という曲。1曲ほとんどにコーラスを入れます。
これも同じように2パートにダブリを録りました。

初めてのレコーディングだという事もあって間違えても優しく接してくれましたが、甘えられないぞ!!と気合いを入れて取り組みました。
1時間ぐらいで全て録り終わり、OKが出ました。とてもいい雰囲気の現場だったので、
緊張しすぎることもなく無事に役目を終えることが出来ました。

その後はギターのレコーディングと男声コーラスのレコーディングを見学させて頂きました。
その場でメロディを考えながら録音していたりして驚きました。私は事前にやる事がきっちり決まっていたので学校のブース等で練習してから臨んだのですが、
プロになったらそうはいかないんだろうなーと実感しました。
CDに名前も載せて頂いて、とても光栄でした。

初めての音楽の仕事は、これから自分のCDを作るための勉強にもなって、自信にも繋がりました。
とてもいい経験をさせて頂けて嬉しいです。


<<一覧に戻る

  • YMSを詳しく知るための資料をお送りします。いますぐ資料請求
  • YMSを実際に体験しよう!「体験入学」受付中!
close