保護者様へ

災害時の対策について

YMSの危機管理マニュアル

1.基本方針

学生が安心して学び、教職員が安心して教育活動を行う安全な場所であるために、学校の安全を脅かす事件・事故に備えて、適切かつ確実な危機管理体制を確立する。

2.危機管理の目的

01. 学生や教職員の命を守る。
02. 危険をいち早く発見して、事件・事故の発生を未然に防ぐ。
03. 万一、事件・事故が発生したときは、適切かつ迅速に対応し、被害を最小限に抑える。
04. 事件・事故の再発防止と教育の再開に向けた対策を講じる。


3-1.安全管理体制・役割分担(日常)

校長・教務部長 全体の統括
◇安全教育に関する事項(防犯教育、防犯訓練、校外学習の事前指導など)
◇安全管理に関する事項(施設設備の点検、学生の安全確保に関する点検など)
◇安全に関する組織活動(体制の整備、教職員を対象とした研修や訓練、学校安全委員会など)に関する学校安全計画全体の状況把握と、必要な指示、掌握
◇保護者、地域社会、関係機関との連携
事務局 ◇施設・設備の点検、学生の安全確保に関する点検
◇防犯訓練の計画と実施
◇教職員対象の研修の計画と実施
◇学校安全委員会の企画・運営
◇救急病院の掌握
◇負傷者搬送時の必需品の確認と準備
講 師 ◇学生に対する防犯教育の実施(通学中での安全、校内・校外で不審者と遭遇した場合の対応、防犯訓練等)
◇学生の健康状態、要観察者の状況と、かかりつけ医療機関の掌握
校長・教務部長 事務局 講 師
全体の統括
◇安全教育に関する事項(防犯教育、防犯訓練、校外学習の事前指導など)
◇安全管理に関する事項(施設設備の点検、学生の安全確保に関する点検など)
◇安全に関する組織活動(体制の整備、教職員を対象とした研修や訓練、学校安全委員会など)に関する学校安全計画全体の状況把握と、必要な指示、掌握
◇保護者、地域社会、関係機関との連携
◇施設・設備の点検、学生の安全確保に関する点検
◇防犯訓練の計画と実施
◇教職員対象の研修の計画と実施
◇学校安全委員会の企画・運営
◇救急病院の掌握
◇負傷者搬送時の必需品の確認と準備
◇学生に対する防犯教育の実施(通学中での安全、校内・校外で不審者と遭遇した場合の対応、防犯訓練等)
◇学生の健康状態、要観察者の状況と、かかりつけ医療機関の掌握

3-2.安全管理体制・役割分担(緊急時)

出張等で不在の場合は臨機応変に役割を分担する。

対策本部
校長・教務部長
事務長
◇全体の状況把握と必要な指示、掌握
◇校内緊急放送
◇学生の避難の必要性の判断と指示
◇110番・119番通報
◇県へ支援要請
◇保護者への緊急連絡、保護者説明会の準備と開催、連絡文書の作成
◇報道機関への対応
◇記録
不審者対応
教務副部長、他
◇不審者対応
◇不審者隔離
◇校内巡視
◇事件の情報収集、把握、整理
◇学校や地域の状況の把握
避難・誘導
講 師
◇学生の人員確認と安全確保
◇放送指示を受けた学生の安全な避難・誘導
◇下校方法決定後の保護者連絡
◇学生の安全下校の確認

避難・誘導が完了し、学生の安全確保を確認の上、可能な範囲で不審者対応の応援体制を組む。
負傷者対応
事務局
◇負傷者発生に備えて、救急用品の準備
◇負傷者搬送時の学校との連絡手段の準備
◇避難場所での負傷者の有無等の確認と応急手当
◇負傷者発生現場での応急手当、搬送準備
◇負傷者氏名の確認とリスト作成
◇救急車同乗と搬送先からの連絡
◇負傷者と保護者への対応
対策本部
校長・教務部長
事務長
不審者対応
教務副部長、他
避難・誘導
講 師
負傷者対応
事務局
◇全体の状況把握と必要な指示、掌握
◇校内緊急放送
◇学生の避難の必要性の判断と指示
◇110番・119番通報
◇県へ支援要請
◇保護者への緊急連絡、保護者説明会の準備と開催、連絡文書の作成
◇報道機関への対応
◇記録
◇不審者対応
◇不審者隔離
◇校内巡視
◇事件の情報収集、把握、整理
◇学校や地域の状況の把握
◇学生の人員確認と安全確保
◇放送指示を受けた学生の安全な避難・誘導
◇下校方法決定後の保護者連絡
◇学生の安全下校の確認

避難・誘導が完了し、学生の安全確保を確認の上、可能な範囲で不審者対応の応援体制を組む。
◇負傷者発生に備えて、救急用品の準備
◇負傷者搬送時の学校との連絡手段の準備
◇避難場所での負傷者の有無等の確認と応急手当
◇負傷者発生現場での応急手当、搬送準備
◇負傷者氏名の確認とリスト作成
◇救急車同乗と搬送先からの連絡
◇負傷者と保護者への対応

4.緊急時の連絡網・対応図

■01.緊急時の連絡網

全保護者に連絡するような緊急連絡の流れ 学校〈担任〉→各保護者へ


■02.緊急事態発生時の対応図・連絡先一覧表・非難経路図

① 緊急事態発生時の対応図・緊急事態発生時の連絡先一覧表を作成し、事務室に掲示し、教職員の周知を図る。
② 避難経路図を全てのフロアに掲示し、学生に指導するとともに、教職員の周知を図る。

5.施設面における安全確保

■01.扉の管理

① 通常時は午前9時30分から午後6時30分までを開場。学生の登校状況を勘案し、安全に十分に配慮する。
② 来客者は事務局で来客名簿に記入し、校内では必ず来客証を携帯してもらう。退校時は事務局で来客名簿に退校時刻を記入、来客証を返還させ、玄関から退校するのを確認する
③ 下校時、放課後学生の下校後は、直ちに玄関を閉めておく。

■02.安全点検

月に一度校内巡視時には、安全点検を同時に行い、状況を把握し点検表に記入する。また、その結果について校長に報告する。 改善が必要な場合は、速やかに連絡し対処する。

6.防犯教育

■01.防犯教育

クラスルームゼミ時に下記の事項を伝達する。
① 不審者侵入時の行動
② 登下校時の安全
③ 校外学習時の安全
通学時での万一の際の対処のしかた(助けを求める、逃げる、信頼できる大人に話す)についても指導する。また、被害にあったり、あいそうになった場合には、必ず家の人や学校の教職員に話すよう指導する。  校内に不審者が侵入した場合の対応について指導する。特に、来訪者は必ず「来客証」等を着用しているので、着用していない者には近づかず、教職員に知らせることや、自分の身が危ないときは、すぐに逃げることなどについて指導する。

7.校内巡視

通常は、次に掲げる体制で、始業前、授業中・放課後は校内巡視を実施し、不測の事態に備える。
01. 毎休憩時間は、校内に不審者等が侵入していないか確認するとともに、学生の動きに注意を払う。
02. 巡視中に来訪者と出会った場合には、必ずあいさつ等の声かけを行う。
03. 本校教職員であることが誰にでもわかるように、校内では必ず「職員証」を着用する。
04. 不審者に遭遇した場合は、暴力を阻止するために、身近な道具等を活用できるよう、日ごろから保管場所を把握しておく。

8.日常の来客者への対応

01. 事務室で、所属、氏名、用件を確認し、来客者名簿の記入と、「来客証」の着用をお願いする。
02. 特に挙動が不審な場合には、すぐに校長(又は教務部長)に連絡し、指示を仰ぐ。
03. 用件終了後、事務室で、受付名簿に退校のチェックと来客証の返却を依頼し、退校するのを見届け、門扉を閉める。
不審者があった場合の対応
◇ 確認事項「内容」「情報提供者の名前・連絡先」
◇ 「校長・教務部長・事務局等」に連絡

9.緊急事態発生時の対応図

01. 事務室で、所属、氏名、用件を確認し、来客者名簿の記入と、「来客証」の着用をお願いする。
02. 特に挙動が不審な場合には、すぐに校長(又は教務部長)に連絡し、指示を仰ぐ。
03. 用件終了後、事務室で、受付名簿に退校のチェックと来客証の返却を依頼し、退校するのを見届け、門扉を閉める。
不審者があった場合の対応
◇ 確認事項「内容」「情報提供者の名前・連絡先」
◇ 「校長・教務部長・事務局等」に連絡

周辺の環境

緊急事態発生時の連絡先一覧

通報は慌てずに落ち着いて
① 学校名/専門学校横浜ミュージックスクール
② 学校住所/横浜市西区楠町5-6
③ 電話番号/045-411-0282
④ 連絡者の氏名/○○○○
⑤ 概要の説明/いつ、どこで、何があった、今どうなっている、犯人は(人相・車種・逃走方向など)

戸部警察署
(緊急時110番)
045-324-0110
西消防署
(緊急時119番)
045-313-0119
横浜市立市民病院 045-331-1961
西福祉保健センター 045-320-8437
戸部警察署
(緊急時
110番)
西消防署
(緊急時
119番)
横浜市立
市民病院
西福祉保健センター
045-324-0110 045-313-0119 045-331-1961 045-320-8437
  • YMSを詳しく知るための資料をお送りします。いますぐ資料請求
  • YMSを実際に体験しよう!「体験入学」受付中!
close